メイン画像 診療の流れ
診療の流れ

保生堂歯科クリニックでは、患者さんをできる限りお待たせしないために、事前予約をお奨めしています。
はじめての方は、保険証を忘れずにお持ちください。

症状がある場合は、まず症状を軽減させる応急処置を行います。
その後、歯周病治療を中心に、虫歯の治療・根の治療等を行っていきます。
 歯周病の治療の流れ
 あくまで基本的な治療の流れです。
 治療が一段落するごとに次の治療に対するご希望や、ご相談を致しますので、遠慮なくご相談ください。
1.歯ぐきの検査
 歯と歯ぐきの境目にある、溝の深さを測ります。
 4mm以上あると歯ブラシの毛先が届かないので、古い歯垢が少しずつ溜まっていき、
 やがて歯石になって、歯ブラシではとれなくなります。歯石は細菌の温床となり、
 さらに歯周病を進行させます。
2.口腔内写真撮影
 現在のお口の中の状態を写真に撮って一緒に確認していきます。
3.レントゲン撮影
 目では見えない歯ぐきの中の骨の状態(支えの状態)を確認します。
 あわせて虫歯や、根の状態を確認できます。
4.原因や症状のご説明
 現在、歯周病は全身疾患との関わりの報告が多くあり、
 全身的な管理(例えば生活習慣や、服用中のお薬など)も必要になります。
 写真1
5.ブラッシング指導
 一生懸命磨いても、磨き方が間違っていると効果は減ってしまいます。
 その方に合った歯ブラシや、ブラッシング方法を提案させていただきます。
 写真2
6.スケーリング・ルートプレーニング
 歯ブラシではとれない歯石を機械や手用器具を使って丁寧にとっていきます。
7.外科処置
 スケーリング、ルートプレーニングを行っても歯ぐきの状態が改善されない部位には、外科処置を行います。
8.定期的なメインテナンス
 歯ぐきの状態が改善したら、定期的なメインテナンスに移ります。
 これを行うことによって、歯周病予防や、状態の維持、虫歯等の早期発見、早期治療が可能になります。
 これらと並行して、現在お口の中にある虫歯・根の治療・義歯(入れ歯)の作製を行ってまいります。
 なお、歯周病が重度に進行している場合は、残念ながら抜歯を選択せざる終えない場合がございます。

 いくら良い被せや義歯を作っても、それを支える歯や骨が弱っていてはすぐダメになってしまいますので、
 治療回数は多くかかりますが、しっかり治療されることをお勧めします。
 
 このページの先頭へ